操作しやすいタイムカードアプリの選び方

ユーザーが操作しやすいタイムカードアプリとは

タイムカードアプリは、スマートフォンからボタンを押すだけで行えるタイプが最も使いやすいです。また、給与明細がスマートフォンから簡単に確認できるものが利用しやすいでしょう。なお、最近では打刻漏れを解消するために、専用の親機を設置することで、そばを通るだけで自動的に打刻してくれるというものもあります。働きすぎを防止するために、過度の深夜残業が発生した場合はアラームを発生してくれるアプリも人気です。スマートフォンのGPS機能を利用して、外出先からも打刻ができるアプリも主流になりつつあります。変わった機能としてスマートフォンのカメラ機能を使用して笑顔判定打刻というものもあります。この打刻方法は、不正打刻の防止にも繋がっています。

集計しやすいタイムカードアプリ

最近ではクライド連携型のタイムカードアプリも増えてきました。クラウドに勤怠データを集めることで、複数の部署からの勤怠データの閲覧が可能となります。また、タイムカードアプリからの出力データが、csvなどの出力形式が取れるようであれば、多くの給与計算ソフトにデータの入力が可能となるので、給与計算や残業管理がとても楽になり、経理担当者の工数も大幅削減することができ、人件費の削減にもつながります。また、残業時間の集計により深夜残業などが多い人は、自動的にピックアップして健康診断を受けさせるシステムなども搭載されていると会社の役に立ちます。なお、会社側と従業員側にて残業時間データを共有することで正当な残業料金が支払われているかも検証できます。