タイムカードアプリの必要な機能の見極め方

打刻のときに必要なことを調査しよう

タイムカードアプリを導入して勤怠管理をする場合には現場の実態に合っている機能が揃っているものを選び出すことが肝心です。パソコンやスマートフォン、タブレットなどを使って打刻できるのはどのアプリにも共通している部分ですが、打刻の方法には違いがあります。ログインして個々に打刻するシステムのものもあれば、親機を設置しておくと近づくだけで記録が残るというシステムもあり、多様な打刻の方法が選べるからです。外勤が多い場合には個々にアプリから打刻するのが合理的で、GPS機能を使っているものが必要でしょう。しかし、内勤のみの場合には打刻が自動化されていた方が効率的に運用することができます。このように現場に合わせた選択が必要なのです。

運用上の必要機能を見極めよう

打刻だけでなく勤怠管理システムとしての運用上の必要機能も見極めることが肝心です。勤怠管理は給与計算に直結するので既に運用している給与計算ソフトがあるなら連携できるのが重要になります。給与計算ソフトを使っていないのなら一元化して扱えるシステムを選ぶのが適切です。パートやアルバイトの多い現場で運用する場合にはシフト表との連携ができると役に立ちます。また、あまり情報機器の扱いに慣れていない人を雇う場合には操作性の高さも重要で、ワンタッチによる打刻か自動打刻に対応していた方が無難です。このような幅広い観点から必要機能の取捨選択をしてタイムカードアプリを選びましょう。運用を始めてから切り替えるのは手間がかかるので最初によく現場の状況を考慮することが大切です。