休暇の取得状況を確認しやすいタイムカードアプリ

タイムカードアプリを使った勤怠管理のメリット

従業員の勤怠管理を徹底している企業の間では、休暇の取得状況を確認しやすいタイムカードアプリを活用しているところが増えています。最近では、従業員の有給休暇の取得率の高い企業は、社会的にイメージが良いだけでなく、各地の自治体や公益法人などから表彰されることもあります。そこで、勤怠管理を効果的に行うために、従業員の人数や勤務時間、職種などを考慮してタイムカードアプリを選ぶことが大事です。例えば、出張や外回りの機会が多い職場においては、スマホやパソコンなどを使って外出先で出退勤の時間の入力や休暇の申請ができるものがおすすめです。その他、大画面で操作が行えるタイムカードアプリは、業種によらず人気が高まっています。

タイムカードアプリの導入時にチェックしたいこと

タイムカードアプリは、人事や経理の業務の効率化を図るうえで最適なツールとして、多くの民間企業や官公庁の間で定着しつつあります。特に、出退勤管理や給与計算、人事評価などの機能が優れているタイムカードアプリは、導入時にある程度のコストが掛かるため、予算や用途などに合ったものを選択することがポイントです。また、多機能型のタイムカードアプリの中には、正しい操作方法を覚えるまでに時間が必要なものもあり、人事担当者だけでなく、それぞれの部署の社員に研修を行ったり、マニュアルを配布したりすると良いでしょう。なお、タイムカードアプリの種類によっては、月々の利用料金が発生するものもあり、従業員が多い企業においては、コストパフォーマンスの良さにも注目をすることが大事です。