導入や維持に掛かるコストが安いタイムカードアプリの特徴

端末があるなら費用が安い

情報システムを活用した効率的でコストが安い勤怠管理の導入が進んできています。その中でもタイムカードアプリを活用する方法は手軽にスマートフォンやタブレットで出社や退社の記録ができ、外勤の場合にも正しく勤務しているかどうかを管理できるという点で優れているものです。タイムカードアプリを使って勤怠管理をするときには導入にかかるコストが極めて安くなる場合があります。社員に既にスマートフォンやタブレットを貸与している場合には特に端末を購入する必要はありません。パソコンにも対応しているソフトウェアがあるシステムの場合には、内勤でパソコンしか貸与していない場合でも初期コストを抑えられるのでリーズナブルでしょう。

クラウドかオンプレミスか

タイムカードアプリを使用するときにはクラウドかオンプレミスかで悩む場合があります。導入コストと維持コストについて考えると、自社サーバーを持っていない場合にはクラウドの方が安上がりになるのが一般的です。導入コストは端末代だけで、維持コストは規模によって違うもののあまり大きな金額にはなりません。自社サーバーがないとサーバー構築だけで百万円以上、維持のためにエンジニアを雇うとやはり毎月数十万円がかかります。しかし、既にネットワーク速度に余裕のある自社サーバーを持っていて運用開始しているならオンプレミスの方が安上がりになる場合もあります。どのシステムを選ぶかでかなり違いがあるので、よく料金を比較しましょう。